東邦焼鈍株式会社
headline

HOME

spacer

設備

東邦焼鈍の炉は全てバッチ式ポット炉で、熱源、制御方式によってA炉・B炉・・O炉の3タイプに分かれます。

spacer A炉 B炉 O炉
基数 2基 2基 2基
熱源 都市ガス(13A) 都市ガス(13A) 都市ガス(13A)
使用温度範囲 500-700C(-0,+10C) 500-800C(-0,+10C) 600-750C(-0,+15C)
雰囲気ガス N2,DX N2,DX,RX ナシ(大気焼鈍)
プログラム
コントロール
可能 可能 不可
処理量/CH 6-10t 6-12t 3-5t

炉

熱処理の特徴

image 雰囲気ガス 仕上特徴 処理鋼種又は用途
DX,N2 スケールの厚み調整により一時防錆が可能と共に、酸洗等前処理の軽減に効果を発揮します。 C=15以下の鋼材
後行程に各種メッキが施されるものに適します。
RX,DX,N2 表面脱炭・浸炭を防止して、素材の性質を変えることなく軟化処理できます。 S25C-S45C
C=15を超える鋼材
SCR材
SCM材
SNC材
SNCM材
SAE1018
その他硬鋼・特殊鋼
大気焼鈍 軟化処理後の表面錆防止を要望されるものに適しています。 なまし鉄線等のC=6以下の鋼材

ご存知でしょうか?『焼鈍』…
一度、釜入れの様子をご覧ください。
また、ご意見ご要望等ございましたらお気軽にお問合せフォームから、お問合せくださいませ。

釜入れ

spacer